Raspberry Piで自動監視システム (8)


今回はカメラキットのユーザーインタフェースの実装についてです。
IMG_20140302_210056

組込みボードの場合、UIは基板にスイッチなどを取り付けて操作するパターンが多いかと思いますが、Raspberry Piを使うことの大きなメリットとしてネットワーク機能がありますので、ネットワーク経由でリモートで操作できるようなアプリケーションにしていきたい思います。

とりあえずRaspberry Piのデスクトップ環境で使えるGUIを作成し、リモートデスクトップから画面上のボタンをマウスで操作してサーボやカメラを制御できるスタンドアロンのシステムを作ります。

その後、インターネット経由で操作できるようカメラのついているRaspberry Piをサーバ、GUIをクライアントのPCなりPaspberry Pi上で動作するアプリとして作成し、TCP通信で遠隔操作できるようにしたいと思います。

ちなみにGUIの部分はwxFormBuilderというPythonにも対応したソースコードジェネレータを使って作成していますので、また次回作成した画面を載せたいと思います。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です