Raspberry Piで自動監視システム (6)


今回は久しぶりにカメラキットについてです。
IMG_20140216_182301

これまでカメラモジュールを固定するスタンドのサーボモーターの制御について何度か書いてきましたが、よく考えたらカメラモジュール自体を一度も使ってませんでした。
というわけでカメラモジュールの動作テストをしてみます。

以前購入したRaspberry Pi用カメラモジュールです。
・Raspberry Pi用 カメラモジュール

Raspberry Pi専用カメラモジュールでとりあえず静止画を撮影を撮影してみました。

まずRaspberry Piのカメラデバイスを有効にします。

sudo raspi-config
コンフィグのメニューを開いたら「Enable Camera」を選択し「Enable」に設定します。
config

設定が終わったら下記コマンド入力して静止画を撮影します。
raspistill -o img1.jpg
取れた画像はこちらです。
img1
取れた景色が逆さまになってしまいました。
どうもカメラモジュールはケーブルが付いている方が下になるのが正しい向きのようです。

しかし今使ってるカメラスタンドは逆向きにしか取り付けられません。
IMG_20140216_182317

なので撮影するコマンドにパラメータを設定します。
raspistill -o img1.jpg -vf -hf
-vfは垂直方向、-hfは水平方向に反転させるためのパラメータです。
これで撮影してみると、
img2
うまくいきました。
カメラモジュール自体は問題なく動作しているみたいです。

次回は動画の撮影をしてみたいと思います。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です