リモート接続が不安定になる原因


先日から書いているリモートデスクトップでの接続時に動作が不安定になる原因についてです。

イーサネットコントローラがすごく熱くなっていたので、ヒートシンクを付けたりファンを付けたりと熱対策を色々やってみたものの改善されませんでした。

改めてネットでいろいろと調べていると、電源が原因で動作不良が起こるという記事がいくつか見つかりました。
どうもUSBポートに接続している無線LANの子機がかなり電源の負荷が高いようです。
そのためRaspberry Piへ供給される電圧が安定せず、動作がおかしくなったりするようです。

そこで以前からキーボードやマウスを直接Raspberry Piに接続するときに使っていた、セルフパワーのUSBハブを使ってみました。
IMG_20140207_210427

これに無線LANの子機を接続してテストしてしました。
こんな感じでハブのアダプタからUSB機器に電源が供給されます。
IMG_20140207_213027

この状態で2日間、仕事中ずっとリモート接続しっぱなしでテストしてみましたが、まったく問題なく動作していました。
1391735970518

やはり無線LAN子機と電源が原因だったようです。
ちなみにRaspberry Piの電源から無線LAN子機への電源供給をしなくなったら、イーサネットコントローラのチップの発熱もなくなりました。
同じような症状が出ている方は一度試してみると良いかもしれません。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です