DE0 SPI通信でRaspberry Piと接続する


以前、DE0をArduinoと接続したときのSPI通信用のロジックでRaspberry Piと通信できるかテストしてみました。

というのも前回このブログで載せたArduinoとDE0を接続するシールドがまだうまく動いてません・・・
・Arduino DE0接続用シールド作成(2)

おそらく1つのレベル変換器に3つの信号線をつないだのでノイズが原因?ではないかと思うのですが。
予備の部品を買っていなくてすぐに作り直せないのですが、仕事でちょっと評価したいFPGAのロジックがあるのでとりあえずRaspberry Piでやってみました。

DE0とRaspberry Piを接続したところです。
IMG_20140131_205844

Cでマスター側の簡単なテストプログラムを作って実際にSPI通信をスタートしたところうまく動作しません。
ロジックアナライザで見てみるとSCK、MOSI、MISOの信号は正しく送られているみたいです。

DE0側で受信したデータをボード上の7SEGに表示するように回路を作ってますが正しい値が表示されていません。
IMG_20140131_213837

どうもRaspberry Pi側のGPIOからSSが全く出力されていないのでソフトを修正して再度テストしたいところですが、ヒートシンクを付けずにしばらく使ってると動作が不安定になるのでまた後日テストします。
正しく動作するようになったらCソースも載せたいと思います。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です