Raspberry Piのセットアップ


 以前からこのブログでもロボットのコントローラとして使っていたRaspberry Pi2ですが、しばらく放置していたらSDカードが壊れて動かなくなってしまいました。

というわけで、新しいSDカードをを用意して久しぶりにRaspberry Piをセットアップしました。まずOSの最新のインストーラを下記サイトからダウンロードします。今回使用したのはNOOBS Version:2.1.0です。


SDカードに書き込んだら、Raspberry Piをシャーシから取り外し、セットアップします。

Raspbianのインストールは下記サイトを参考にさせて頂きました。

インストーラの指示に従って進めていけば数分で問題なく終了。

 前回セットアップしたのは数年前なのですが、起動してみると随分と進化していました。ネットワークの設定などもSSIDとパスワードを入れるだけですぐに設定でき、raspi-configの設定も普通にメニューの設定画面から変更できてしまいます。google chromeまで入ってる。

 ただ一点はまった個所があったので書いておきます。いつもRaspberry Piをセットアップするときはリモートデスクトップで接続できるようにxrdpをインストールするのですが、今回はそれだけではうまくいきませんでした。xrdpインストール後に別のPCから接続しようとすると何度やってもエラーになるので調べたところ、tightvncserverをインストールしなければいけないようです。

一旦、xrdpをアンインストールした後、下記コマンドを実行します。
sudo apt-get update
sudo apt-get install tightvncserver
sudo apt-get install xrdp 
これで再度、別のPCから接続したところ問題なくログインできました。

Raspberry Piが復旧できたので、次回は以前cycloneV SoCのARMに実装して使っていたソケット通信のプログラムをRaspberry Piにも実装して動かしてみたいと思います。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です