シャーシへ組み付け中です


DCモーターが動かせるようになったので、現在Raspberry Piやモータードライバのシャーシへの組み付け作業を行っています。
wpid-wp-1453129647418.jpeg
現状こんな感じになっています。
カメラとパン、チルトキットも組み付けました。

コントローラー部。
USBポートにはbluetoothの受信機が付けてあります。
wpid-wp-1453129653324.jpeg
反対側からの写真です。
最上段がコントローラーとなる基板類を取り付けました。
2段目はバッテリーを取り付ける予定です。
wpid-wp-1453129658468.jpeg
背面にはDCモーターとモーターの電源となる電池BOX。
前の記事で勘違いしていて電池を4本、6Vの電源を接続してしまっていましたが、モーターの仕様を再確認したら定格電圧は4.5Vだったので3つの電池BOXに変えました。(以前の記事も後ほど修正します)
wpid-wp-1453129776220.jpeg
本来シャーシの2段目に付けるようですが、電池交換のたびにバラさないといけないので今回は背面の空いているスペースに付けてみました。

最後にRaspberry Pi 2のGPIO部です。
wpid-wp-1453129869437.jpeg
今回サーボモーターの制御はスペースの制約上、OpenElectronsのサーボコントローラーを使うことにしました。
また、サーボコントローラーを取り付けるとGPIOが埋まってしまうため、5V、GND、SPIで使用するピンを他の機器と接続できるようGPIOエキスパンダボード経由で拡張して使っています。

あとはRaspberry Pi 2用のバッテリー(スマホ充電用)を2段目に付ければとりあえずハードウェアは動く状態になると思います。
現在、DCモーターの制御ソフトを作っているので動作確認がとれたらまたアップしたいと思います。

※電子工作の際、このブログに書かれている内容を参考される場合は全て自己責任でお願いいたします。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です