ARMとの連携


やっとDE1-SoCのARMプロセッサと周辺のFPGA回路の連係動作ができました。
IMG_20141121_005834
作成したプロジェクトはDE1-SoCのマニュアルに載っているものとまったく同じで、ARM上で動作するソフトウェアからFPGAの回路を経由してボード上のLEDを制御するというものです。
写真だとわかりにくいですが、Linuxから作成したアプリケーションを実行するとLEDが順番に点灯、消灯します。
IMG_20141121_005713
付属CD-ROMの中にサンプルソースも入っているのを知らずに、ただひたすら英語マニュアルを見ながら作っていたのでめちゃくちゃ苦労しましたが、サンプルソースに気付いてそれを見ながらちょっと修正したらすぐに動きました。。
やはりパッケージの中身は最初にしっかり確認しないとダメですね。
でもQsysとかもはじめてちゃんと使ったので、試行錯誤して色々と勉強になりました。
詳細はまた後日書きたいと思います。

2 Comments

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です